スポンサーサイト

  • 2010.06.19 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


民主党が参院選マニフェスト(レスポンス)

民主党は17日、参院選マニフェスト(公約)を発表した。「強い経済」「強い財政」「強い社会保障」を掲げ、とくに予想以上の税収の落ち込みを踏まえ、財政健全化を打ち出した点が特徴だ。記者会見した菅直人首相は、消費税増税について「10年度内に税率や逆進性対策をまとめ、超党派での合意をめざす。税率は自民党提案の10%を参考にしたい」と述べた。

交通政策については、自動車重量税・自動車取得税は簡素化とグリーン化の観点から全体として負担を軽減すると明記。ガソリン税の暫定税率廃止については、「まだ実現できていないこと」の欄に記載したが、会見で玄葉光一郎政調会長は「暫定税率については、2011年度の導入を検討中の地球温暖化対策税と一体となって検討を進める」と説明し、暫定税率分を温暖化対策税に振り替える考えを示唆した。

高速道路無料化については、「無料化した際の効果や他の公共交通の状況に留意しつつ、段階的に原則無料とする」と記載した。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
民主党代表選が始まる
【新聞ウォッチ】間もなく「菅首相」誕生、円安誘導に期待感
【井元康一郎のビフォーアフター】暫定税率をめぐる、自動車業界の“エコ”と“エゴ”
民主党 特別編集

“女房役”仙谷官房長官 公務員改革 大言壮語の放り出し?(産経新聞)
いじめ言葉監視→通報…学校裏サイト監視システム(読売新聞)
改正法施行控え、厚労省に要望―臓器移植関連学会協議会(医療介護CBニュース)
谷垣総裁、参院選与党過半数なら辞任(読売新聞)
<電子書籍>市場に変化 紙に代わる価値生む?(毎日新聞)

【新・関西笑談】体感する「地球のいま」(1)(産経新聞)

 □京都造形芸術大教授 竹村真一さん

 ■「宇宙時代の子供たちに期待する」 きっかけは手塚治虫さんの“遺言”。

 地球の1千万分の1の大きさで、温暖化の進行状況などさまざまなデータを知ることができるデジタル地球儀「触れる地球」。インターネットにつなぐことで各地の自然事象をリアルタイムで体感でき、100年間の温暖化のシミュレーションなども学べる“生きた教材”だ。開発者の竹村真一・京都造形芸術大学教授は、子供たちに地球の美しさ、地球が抱える問題を改めて伝えたいと願っている。(聞き手 溝上健良)

 −−「触れる地球」を作ったきっかけは

 竹村 手塚治虫さんが遺言のように残された「ガラスの地球を救え」という本があります。その中で「自分は宇宙時代の子供たちに期待する」という話をされているんですね。宇宙時代の子供たちであれば、地球上空を回る宇宙ステーションで育ち、毎日のように美しく輝き雲がたなびく地球を見るだろうと。雲が流れる空気の層は、地球の外から見ると、リンゴの薄皮のような薄い層として見えるはずなんですね。

 そこには国境もない。そうすると国境を挟んで戦争をしている人間たちが愚かだなあと思うだろうと。

 −−「触れる地球」にはさまざまな機能がありますね

 竹村 リアルタイムの雲の動きとか、地球温暖化の様子、大気汚染物質の越境移動のほか、渡り鳥が渡っていく様子も表示される。生きた地球を「見える化」する装置です。

 −−大きさを1千万分の1としたのは

 竹村 地球は直径が1万2800キロ、ちょっと想像できないですけれど、それを1千万分の1でつくると1メートル28センチの直径になるんです。大人が両手でかろうじて抱えられるかなというくらいです。

 子供にとっては大きな地球に見えるでしょうけれど、その1メートル余りの地球儀でみると、空気の層というのはわずか1ミリ。宇宙ステーションで育った子供たちは、その1ミリくらいの薄い空気を見て「地球っていうのは本当に傷つきやすい大気なんだなあ」と感じると思うんです。

 −−外から見た地球を実感できるわけですね

 竹村 宇宙開発が進んでも、やっと日本人が何人か宇宙ステーションに行ったという程度で、なかなか子供たちが宇宙から地球を見るというのは無理ですよね。一方で、地球の問題はどんどん深刻になっている。ですから、別に宇宙に行かなくても、地球に居ながらにして宇宙からの視点で地球を感じられるような装置を作って、すべての小学校に配ろうと考えたわけです。

 −−壮大な目標ですね

 竹村 もし地球政府というものがあったら、たぶんこういう地球儀を作って、全世界の小学校に贈るはずなんですね。まだ地球政府はないから、それもできていない。それなら地球政府がなくたって、これを作っておいてしまおう、というつもりで作ったのが「触れる地球」です。

 −−昨年、京都の小学校で「触れる地球」を使った授業をされました。子供たちの反応はどうでしたか

 竹村 いやもう、子供たちは触り始めたら止まらないですよ。雲の動きとか津波の広がる様子など、ダイナミックな動く地球が見られるわけです。

 普通の地球儀は軸があって、北極と南極が固定されていて東西方向にしか回りませんよね。その点、「触れる地球」には手の動きを感知するセンサーが付いていて、そのおかげで自分の手で好きな方向へ回せるんです。

                   ◇

【プロフィル】竹村真一

 たけむら・しんいち 昭和34年生まれ、東京大学大学院文化人類学博士課程修了。専門は文化人類学、情報環境論。平成14年に「触れる地球」を製作し、17年にグッドデザイン賞金賞を受賞した。プロジェクト「Earth Literacy Program」の代表として、「100万人のキャンドルナイト」などの社会実験プロジェクトを企画・推進している。著書に「地球の目線」(PHP新書)、「22世紀のグランドデザイン」(慶応大学出版会)など。父は評論家の竹村健一氏。

「半年あっという間」野口さん、米国で会見(産経新聞)
<横浜・弁護士殺害>逮捕状の男は千葉・市川在住の41歳(毎日新聞)
民主党新執行部 玄葉光一郎政調会長 税制改革を訴え(産経新聞)
奥田民生 前代未聞のひとりレコーディングライブツアーを開始!
<不正流用>ローソン子会社の元専務ら特別背任容疑で逮捕(毎日新聞)

<銃刀法違反>改造拳銃11丁所持 警官を追送検 警視庁(毎日新聞)

 改造拳銃11丁を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は3日、福岡県警捜査1課警部補の岡田好典被告(46)=銃刀法違反(拳銃所持)罪で起訴=を銃刀法違反(拳銃所持)容疑で追送検した。岡田被告は「89年ごろから自宅で改造していた」と供述しているという。

 送検容疑は、今年4月15日、福岡県宗像市内の自宅で殺傷能力のある改造拳銃11丁を所持していたとしている。立件された改造拳銃は計12丁で、うち6丁を自分で改造していた。岡田被告は「実物の銃に近い形に仕上げて見るのを楽しんでいた。大変なことをしてしまった」と供述しているという。

 また、岡田被告は殺傷能力はないものの銃身に金属を使うなどした模造拳銃も所持しており、鑑定が終わり次第追送検する方針。【町田徳丈】

【関連ニュース】
発砲:東京・池袋で2人組 警官追跡中、バイクで逃走
福田衣里子事務所:かま持ち男が立てこもる…長崎・諫早
中日:ネルソン、謹慎解け2軍で先発「懸命にやり1軍に」
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
立てこもり:福田衣里子・民主衆院議員の事務所に男、かま持ち30分間

<新社会人>希望は「年功序列」で(毎日新聞)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
北方領土ビザなし訪問、実現危ぶまれるなか予定通り実施 入出域手続きで警戒も(産経新聞)
<普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)

「出ると言ったことない」=政倫審への対応で小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は24日午後、党本部で記者会見し、自らの資金管理団体をめぐる事件に絡み衆院政治倫理審査会に出席するかどうかについて、「出るとか出ないとか、一度もしゃべったことはない」と述べ、慎重な姿勢を示した。
 小沢氏は「(政倫審に出席するという)マスコミの報道が先行しているだけだ」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

忠富士、既に症状…周辺にウイルスまき散らす?(読売新聞)
鮮やか4千本「昇り藤」 大阪・万博記念公園(産経新聞)
CO中毒、カツオは無関係(産経新聞)
<茨城空港>春秋航空と上海定期便の就航交渉 橋本知事、強い期待感(毎日新聞)
民主・渡部氏、参院過半数割れなら首相辞任不可避(産経新聞)

早く具体策を!国の口蹄疫対処方針に農家怒り(読売新聞)

 被害が爆発的に拡大している宮崎県内の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題で17日、政府の対策本部は「対処方針」を発表し、ようやく国あげての対策が始まった。

 しかし、その内容は、最初の感染確認から1か月近くもたった割に具体策に乏しく、畜産農家からは「今ごろ何を」「早く感染を止めて」と悲鳴と怒りの声が上がった。

 「具体的な対応策は何もないに等しいのでは。今まで何をやっていたのか」

 宮崎県えびの市。感染が判明した農場から数百メートル離れた場所で、牛を8頭飼育する西田安雄さん(57)は、この日、憤りを隠さなかった。政府の口蹄疫対策本部の対処方針が、「移動制限や殺処分を徹底させる」「農家の経営再建に万全を期する」「副大臣を本部長とする現地対策本部を設置する」といった内容にとどまっていたためだ。

 西田さんは自宅の敷地に、家族以外は立ち入らないよう注意する看板を立て、隣家とのやり取りも電話で済ませるなど可能な限り人との接触を避けている。毎日数回、牛舎などへ消石灰をまき、起床後はすぐに、牛の体調や食べた餌の量を確認するのが日課になった。眠れない日々が続き、疲労と心労は限界に近い。

 政府の現地対策本部が設置されることについても、西田さんは「ただ担当者が来るだけでは意味がない。言葉だけでなく具体策を示して実行し、一刻も早く安心させてほしい」と訴えた。

 16日夜には、新たに9農家で感染の疑いが判明、同県内の殺処分の対象も8万5723頭に上っている。

 「一定区域内の全頭殺処分や、ワクチン接種などの踏み込んだ施策を示してほしかった」。宮崎県内の養豚業者でつくる「みやざき養豚生産者協議会」の日高省三会長(宮崎市)も国の方針に不満を述べた後、「早く拡大を止めないと、農家がかわいそう」と話した。

小学生女児を暴行容疑=45歳無職男を逮捕−福岡県警(時事通信)
<地位乱用>岡山のスーパーを初の立ち入り検査 公取委(毎日新聞)
小沢氏3回目聴取 検察、月内にも判断 不起訴なら検審再審査(産経新聞)
小沢氏3回目の聴取 東京地検、「起訴相当」議決受け(産経新聞)
介護報酬「特養過払い」新たに佐賀・広島で(読売新聞)

コントラバス5台盗まれる=被害5300万円、弓19本も−東京(時事通信)

 東京都三鷹市のコントラバス奏者の男性(57)の自宅兼楽器店で、コントラバス5台と弓19本(計約5300万円相当)が盗まれていたことが10日、警視庁三鷹署への取材で分かった。同署が窃盗事件として調べている。
 同署によると、現場は2階建て一軒家で、コントラバスの輸入販売店も営業。男性が4日午後2時50分ごろ、旅行先から家族とともに帰宅したところ、1階居間の窓ガラスが割られているのに気付き、同署に通報した。
 盗まれたコントラバスはイタリア製で、このうち2台は約1000万円もする高級品。いずれも2階の部屋に置かれていたという。 

【関連ニュース】
貴金属1200万相当盗まれる=パート女性宅から
店の倉庫に50センチの穴=カーナビ37台盗まれる
消防車乗り逃げされる=10分後に発見、窃盗で捜査
向精神薬など5100錠盗難=薬局侵入し現金も
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上

友人母に女児刺される 大阪で逮捕「いきなりやられた」(産経新聞)
【さまつな楽しみ】編集局次長 森脇睦郎 通勤電車あの人の眠り方(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
子ども手当、現物給付も=消費増税は4年後実施−民主の参院選公約案(時事通信)
横須賀の男性殺害、参考人男性が飛び降り自殺か(読売新聞)

<サマランチ前会長>商業主義功罪相半ば 「国変わる」持論(毎日新聞)

 五輪の商業化やプロの参加を推し進め、世界のスポーツ界に多大な影響を与えた国際オリンピック委員会(IOC)の前会長、フアン・アントニオ・サマランチ氏(89)が21日、亡くなった。

 毎日新聞との単独インタビューに応じたのは、アテネ五輪を前にした04年3月初めだった。サマランチ氏の地元であるバルセロナのビジネス街にある高層ビルの22階の役員室。サマランチ氏は銀行の役員におさまっていた。会長を退いて3年、現在の五輪をどう見ているかを聞いた。

 「五輪で国や街は変わる。巨額の資金が投入され、20年も25年もかかる都市の発展が、五輪という名のもとに一気に実現する。64年の東京五輪もそうだ。新幹線が開通し、東京にも日本にもプラスになったはずだ」

 インタビューの時間はわずか30分だったが、サマランチ氏はゆっくりとした口調で持論を展開した。「現在の五輪にネガティブな面を私は見ない。五輪が多大な利益をもたらすことに世界の都市は気づいている。ニューヨークもロンドンもパリも、だ」「五輪は経済的な見返りを得られるサイクルを生み出した。われわれは優秀な選手を集め、参加させることに成功した」

 そんな中で一つ、興味深い言葉を吐いた。その年の夏に五輪を開くアテネへの思いだった。「ギリシャに対しては借りがある。第1回大会を開いた1896年以来、五輪発祥の地であるギリシャの人々はこの日を待ち望んでいただろう」。借りとは何なのか? サマランチ氏は答えた。「五輪が始まって、110年近くもあの地に戻れなかったことだ」

 アテネは近代五輪発祥100周年にあたる96年の五輪開催地に立候補した。が、選ばれたのはアトランタ。五輪のメーンスポンサーであるコカ・コーラのおひざもとだ。アトランタ五輪は商業化の象徴として「コカ・コーラ五輪」と呼ばれた。

 サマランチ氏の評価は功罪相半ばしている。五輪が黒字化した半面、過剰な商業主義への批判は絶えなかった。サマランチ氏自身は少し負い目を感じていたのではないか。「借り」という言葉は、アテネへというより、五輪の原点である純粋精神への「借り」であったように思える。【滝口隆司】

自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
日中韓外相、来月15日に会談へ=北の核問題など協議(時事通信)
山崎さんシャトルの鮮明な写真=宇宙基地離れる際撮影−野口さん(時事通信)
愛知3遺体遺棄 逮捕の3容疑者「被害者宅で殺害」と供述(毎日新聞)
<自殺>思春期までに親自殺なら率は3倍 スウェーデン調査(毎日新聞)

【新・関西笑談】あこがれの果実の味は(4)(産経新聞)

 □ブルーベリーフィールズ紀伊國屋社長 岩田康子さん

 ■レストラン全焼から再出発 「またここで料理を」と夢を抱いて。

 −−ブルーベリー栽培のかたわら、自宅でフレンチレストランを手がけるなど挑戦の毎日だったのですね

 岩田 子供2人も大学生になり、東京と大阪へ出ていきました。1人の生活となったとき、レストランもやっていた自宅が放火されました。

  −− そんな怖いことが…。けがはなかったのですか

 岩田 2階の寝室で寝ようとしていたときでした。家は全焼しましたが、すぐに通報したので私はやけどもせず、助け出されました。不思議と自分が助かったことよりも、子供たちの思い出が燃えてしまったことが申し訳なくて。

 −−すべてを失ったのに怒りはなかった?

 岩田 モノへの執着はなかったですね。それはレストランを始めたころから手伝いに来てもらっていた地元のおばあちゃんの影響かもしれません。

 −−どういうことですか

 岩田 レストランの予約で、私が草引きできない代わりに来てくれるようになったのですが、朝7時から黙々と頼んでいないところまですべて草を引くんです。ジュースを勧めても「山の水がある」と言い、暑いから休んで、と声をかけても「(しゃがんでいて)立つとな、風が涼しいんや」と働き続ける。あるとき、おばあちゃんに何か贈り物をしたくて「どんなときが幸せ?」とたずねたら、「4人の子供にわらじを編んでやれたときが幸せやったなぁ」って。目が覚めたような気持ちでした。それまでの私は、自分が洋服や食事を手に入れることが幸せだと思っていた。物を追求してきたのだと気づかされました。

 −−それでも、離れて暮らしていたお子さんはとても心配されたでしょう

 岩田 娘は大阪だったため、すぐに駆けつけてくれました。泣きながら「お母さん、これからは自分の夢のために生きてください」と言ってくれました。思えば「子供を育てていかないと」と、十分に稼げない自分に厳しく朝も晩も働いてきました。娘はちょうど20歳。子育てはもういいよ、ということだったのだと思います。そんなとき、1人の若者が「もしレストランをやるなら、雇ってください」とたずねてきました。

 −−何もなくなった土地にわざわざ?

 岩田 彼の修業先のシェフが、ここで育てていた摘み立てのハーブが好きで、たびたび来られていたんです。がれきしかないこの場所で、彼はここで育つハーブを使って料理をするという夢が見られるんだ、と驚きました。彼の言葉は私の希望にもなり、火災保険金で隣の山林を買ってハーブガーデンをつくり、平成8年に本格的にレストランを始めました。友達には「家を再建するのが先でしょう」と怒られましたけど。

 −−約100種のハーブと有機野菜の料理、天然酵母のパンと、この景色。すばらしいごちそうですね

 岩田 日本の農業は今、海外の安価な農産物に押されて農業だけで食べていくのは難しいです。このレストランでは、農業の現場で仕事を理解してもらいながら食事をしてもらえる意味があります。(聞き手 石川有紀)

【関連記事】
日照不足で野菜高騰 ナスやピーマン3、4割高
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?
低温でウメの実凍結、被害額は1億円超に 小田原など
生鮮品では初認定、宮崎産青果にCO2排出量表示 
ペプシコ、健康志向に対応 食品の塩分25%、飽和脂肪酸15%カット

数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)
安藤前知事、二審も実刑=宮崎談合・汚職事件−福岡高裁支部(時事通信)
新党の略称は「日本」に(産経新聞)
<毎日デザイン賞>表彰式 写真家の藤井保さんに賞状と賞牌(毎日新聞)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)

普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を5月末に決着させる方針について、「これで行こうとの方向が互いに認められた状況を指す。なんとしてもその状況を作りたい」と述べた。「決着」内容に関し、米国、地元と移設案の具体的な部分についてまで合意することにはこだわらない考えを示したものだ。首相公邸前で記者団に語った。

 平野博文官房長官も同日午前の記者会見で、5月末の決着について、「米国と地元に理解をいただき、その上で具体的に詰めていく状態だ」と語り、米国、地元の双方と詳細部分を協議していくための土壌ができることだとの認識を示した。

 平野氏は「5月末までにすべて技術的な詳細も含めて終わっていなければ、理解(を得た状態)ではないという認識には立たない」と強調した。

 政府内の今後の手続きについて、平野氏は「閣議決定か閣議了解かは別として、何らかの意思は明確にしなければならない」と語り、政府の方針を閣議決定などによって定めていくことを目指す考えも示した。

乗客50メートル引きずりタクシー逃走 大阪・南船場(産経新聞)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)
陛下が種もみまき(時事通信)
<普天間移設>5月末決着…米大統領への首相の直談判不発(毎日新聞)

民主執行部は体制刷新を=事実上の小沢氏辞任要求−岐阜県連(時事通信)

 民主党岐阜県連は10日、常任幹事会を開き、鳩山内閣や党の支持率の続落は夏の参院選に悪影響を与えるとして「速やかに新体制を築く」よう求める鳩山由紀夫首相(党代表)あての文書をまとめた。12日、県連代表の平田健二参院国対委員長が党本部に提出する。「新体制」の具体的内容は記していないが、県連関係者は、「政治とカネ」の問題が批判されている小沢一郎幹事長への「事実上の辞任要求だ」と説明した。
 県連レベルで党の体制刷新を公然と要求するのは初めて。文書では、「政治とカネ」の問題に関して「国民の声を尊重し、さらなる説明責任を果たすとともに、民主党は政権政党として責任ある対応を考え、速やかに新体制を築くこと」を要求している。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<使い捨てライター>業界団体がCRの義務づけを支持(毎日新聞)
首相動静(4月10日)(時事通信)
対症療法、壊し屋…橋下vs井戸バトル再燃 総意どこ?3空港懇(産経新聞)
ホワイトビーチ案「本命」…沖縄知事に官房長官(読売新聞)
<京都大>「自由をはき違えないで」 入学式で学長がクギ(毎日新聞)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
探偵
ネットビジネス
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 即日
携帯ホームページ
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM